栗田クッキングサロン in 屋久島

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

in 屋久島

縄文杉、見に行ってきました。
初日は雲行きもあやしく、飛行機に乗る頃はポツポツ雨。
「屋久島空港は風が強く、着陸できない可能性があります」との機内アナウンスに若干不安になりながら・・・飛び立つと同時に熟睡。
あっという間に到着でしたが風のお陰で雲が払われ、雨も上がっていました。
ついた空港はバスターミナルのような建物。022_20150316100703e88.jpg入るといきなり荷持つ受け渡し所、しかも手渡しです。
空港を一歩出ても何もない。。。一台も止まっていないバスの停留所とレンタカーショップ、ガソリンスタンドのみ。
戸惑いながら小屋のような案内所で宿までの移動方法やら近場で行けるスポット等を聞いて・・・結局レンタカーで移動することになりました。
まずは空港近くのイタリアンのお店へ。
これは何も準備していないであろう・・・と私を先読みして娘が予め調べてくれていたお店です。
空港からすぐなのに、森の中のような洒落たレストラン。
こんな田舎に?(失礼 と、見間違うステキなお店でした。
地元素材を使ったパスタや石釜焼きのピザのランチセット・・・
前菜盛り合わせ024_20150317010324f6f.jpg

025_20150317010326046.jpg027 (2)
 ピザは生地がふわモッチリ、モツァレラと良く合って久々に『おいしい!』と思える完成度の高さ。4人で奪いあいながらシェアするとあっという間です。

パスタは屋久鹿のミートソースペンネと黒豚と屋久島菜の花のラグーパスタ。
028_20150317010329c05.jpg030_20150317010330543.jpg

それにデザートの屋久島グリーンティケーキと飲み物がついたセットでした。
031_201503170104066c9.jpg

そこで屋久島グリーンティなるものを初めて知り、売っているお店を教えてもらい直行。
お茶の栄養が丸ごと摂れる抹茶のような粉末のお茶です。そこで頂いたソフトクリームもとっても美味しかったですョ。

そこから一旦荷物を置き、着替えをすべくお宿に向かいましたが、あいにくチェックイン前という事で門は閉ざされて誰もいません。。。
仕方なく元来た道を戻っていざ、白谷雲水峡へ。
往復1時間くらいのコースなので、これなら夕食までに戻ってこれそうと車で向かいました。
推定樹齢3000年の杉や珍しいくぐり杉、滝など「もののけ姫」の舞台のような景色が至る所にありました。
IMG_7122.jpg 027_20150316095053774.jpg
山道を往復約1時間、というコースで軽く足慣らしをして明日の10時間トレッキングに備えた所でお宿に向かいます。
そこは屋久島料理を売りにした民宿です。
海に近いので地元のお魚がふんだんに使われていました。
032_20150317010407994.jpg
左上は「たるめ」という目鯛のお頭の煮つけ。
この大きさの頭が4人分。 「・・・胴体の身はどこに行ったんだろう」と余計な心配をしながらも あっさり完食。

明日はいよいよ10時間の縄文杉トレッキング。
なにせ普段、家を一歩出ると移動は原付で車椅子状態。いわゆる道路はほとんど歩行しない・・・。一番心配していたのは息子で(背負って帰る羽目に?と不安だったようです) 人の心配もよそに、持ち前の「何とかなる」精神で トレッキングシューズだけを用意してやってきたのでした。
登山用の服も無ければレインウェアもない。 スラックスにバイク用のレインコート、というおよそ登山には似つかわしくない姿。しかもガイドも無し。
御宿の方にもコンコンと「何時のバスに乗って、何時くらいのバスで帰らなければ危ない・・・」という説明を受け、(きっとこの団体、帰ってこれるのか・・・と心配だったんでしょうね(笑) そんな心配をよそにワクワクしながらその日は22時に就寝しました。まるで修学旅行(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kuritacooking.blog129.fc2.com/tb.php/312-80a85c6b

プロフィール

栗田クッキングサロン

Author:栗田クッキングサロン
http://www.kuritacooking.com
美味しく、簡単に作れるお料理を沢山の方に作って喜んでいただくべく毎月頭を悩ませるレシピ作り…料理教室のメニューは日々の我が家の食卓から。
メニューができる過程やお気に入りのお店などご紹介していきたいと思っています。

最新記事

最新コメント

著書

1週間使い切りレシピ

お家が料理教室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。