栗田クッキングサロン 悲しいできごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいできごと

 私が料理教室を始めた約15年前、そのきっかけとなった一人の人物がいます。
震災で当時住んでいたマンションは全壊。(といっても壊れた部分が多かったので住める状態でしたが)
普段ほとんど親交のなかった近所の方々とも震災がきっかけで交流するようになりました。

 私達家族はそれから数年後に御影のマンションに引っ越すことになり、その時仲良くして頂いていた(と言ってもその当時60歳くらいでしたが)お隣の本荘さんにその際とてもお世話になりました。
カーテンの縫製のお仕事をされていた彼女は 一緒にカーテン地を見に行ってアドバイス下さり、縫製もして下さいました。
何かお礼を…と 色々考えた揚句、その当時お1人で生活されていらっしゃった本荘さんには 手作りのお料理でおもてなしが一番心がこもって喜んで頂けるだろうと ご招待する事にしました。
お料理は得意の会席仕立てです。
お料理はもちろん、食器も趣味で色々揃え…そうなるとおもてなししたくなる。そう、私の趣味はおもてなしして喜んで頂く事なのかも知れません。

本荘さんはとても喜んで下さり、最後に
「栗田さん、このお料理 ご自分のものだけにしてあなたの家族だけに作ってあげるのはもったいない。お料理教室したらは?」
「ここの場所なら駅からも近いし、子供さんが小さくても家にいてあげられる仕事じゃない。」
「お料理教えてあげるって、教えてもらった人だけでなく、その家族にも喜んでもらえる素晴らしい仕事じゃない!」

この最後の言葉が私の心に火を灯しました。


以来、私にできるのかな?…で手探りで始めた料理教室。
色んな事を経ながら 今ではこの仕事を天職だと思い、お料理を広め幸せなひと時をご家族にもお届けする事を使命だと感じ、何よりも私自信がこの仕事をさせて頂き本当に幸せだと思っています。

本荘さんとはその後 多忙な日々の中、次第に交流も無くなっていました。
本荘さんのお陰で今があるとお伝えしたい…とずっと思いながらもきっかけがなく、そのまま気になりながら月日は流れて行きました。

先日、本荘さんががんに罹っているようだ…という噂をたまたま耳にしたのです。
びっくりしましたが、この機会に思い切って訪ねてみようというきっかけになりました。
電話番号も分からないのでお家に訪ねるしかないけれど、なかなか行く時間が取れず…ようやく今日レッスン後に時間が空き、思い切って訪ねました。

考えると今日は母の日。 本荘さんは一人息子様を20代の若さで亡くされ、当時2~3歳だったお孫様だけが唯一の肉親。きっとカーネーションを持って行って差し上げると喜んで頂けるかな? と内心ワクワクしながら懐かしい昔住んでいたマンションに向かいました。

インターフォンを鳴らしてもノックをしても反応がなく、「ただのお留守でありますように」と思いながら、帰りかけた時、バッタリ昔懐かしい住人の方と再会しました。
早速本荘さんの事を尋ねると「本荘さんね、1ヶ月ほど前に亡くなったのよ…」



何故思った時にすぐに行動に移さなかったのだろう・・・
一言お礼が言いたい・・・想うだけで結局相手には伝える事ができませんでした。
思ったら即行動、の私がなぜ後回しにしてきたんだろう…

とても後悔し、また涙した母の日でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

http://kuritacooking.blog129.fc2.com/tb.php/292-23c19c79

プロフィール

栗田クッキングサロン

Author:栗田クッキングサロン
http://www.kuritacooking.com
美味しく、簡単に作れるお料理を沢山の方に作って喜んでいただくべく毎月頭を悩ませるレシピ作り…料理教室のメニューは日々の我が家の食卓から。
メニューができる過程やお気に入りのお店などご紹介していきたいと思っています。

最新記事

最新コメント

著書

1週間使い切りレシピ

お家が料理教室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。