栗田クッキングサロン 口の開け方で味が変わる???
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口の開け方で味が変わる???

先日、と言っても大分前になりますが。。。
東京であるイベントに参加した時、ワインセミナーというのを受けました。
お酒はめっぽう弱いけど、ワインは好き。知識の一つとして参加したのでした。

ワイングラスで有名なRIEDEL社のセミナーで、アルコールに弱い私には大きすぎるワイングラスが目の前に林立。
(おちょこでもいいんですけど…(笑)

本日試飲するワイン♪
ワインセミナー

まずは『ソービニオンブラン』と名づけられたグラスで…頂くのは『ソービニオンブラン』
そう、そのグラスに合うワイン名がグラスに付けられているのです。
ワインセミナー1

このグラスは背が高いため、飲む時に自然に顔が上を向く、しかも口が狭い=唇が広がらない=舌全体にワインが広がらない
ということで、渋みを感じにくい という効果を生み出してくれるそうです。
ということで、酸味の強いワインが合う。ということになるそうな…。 なるほど

ちなみに、このワインをラッパ型のグラス(今回はプラスティックカップ)に注いで飲んでみると…
ワインセミナー3

エ~~ッ! さっきのワイン? っていうほど、お味が粗悪。
先ほどの爽やかな香りとすっきりした飲み口が なんと、「飲みほうだい」に出てくるワインのようなお味に。

グラス一つでこんなにもお味が変わるとはビックリです。 ということは、良いグラスで頂くと、さほど良いワインでなくてもグレードアップするって事???


次は『シャルドネ』
ワインセミナー4
このワインは甘いはちみつのような香りでマイルド。なので、あまり冷やさない方がその良さが引き立つとか。
アルコール度数は高め。 

ワインセミナー5
ブライティングと言って目の高さで見てみると上層部に白っぽい膜のようなものが見えます。
その膜が厚いほど、アルコール度数が高いそうです。 へ~~


次に『ピノ・ノワール』というグラス。
ワインセミナー7

このグラスは飲む時、自然に顔が上を向くので渋みを感じにくく、香りが自然に鼻に入ってきます。
ピノ・ノワールはブルゴーニュ地方のワインで赤い果実の香り。

ちなみに、このワインを先ほどのシャルドネ(白)のグラスで頂くと…ワインセミナー9
これまたビックリ。
とっても渋くて青臭い。先ほどの果実の香り、甘味も残りません。


最後はフルボディの『カベルネ・ソーヴィニオン』
ワインセミナー10
コーヒーのような深い香りです。

ちなみに、このワインをプラカップで頂いてみると
ワインセミナー11

ワイン、入れ替えた?っていうほど 渋みが非常に強く、安物ワインのお味。 
ワインをプラカップ、普通のグラスで飲むのは厳禁ですネ。

ということで、とっても勉強になったセミナーでした。
ちなみに、ほんの一口づつ頂いたのに、終わるころには1本開けた?ってくらいのお顔。
お帰りの新幹線は熟睡でした。

受講料は半端なく高かったけど、勉強になったしグラスも頂いたしで 満足でした。
それにしても1種類づつのこのグラス、我が家では花器かキャンドルホルダーになるのでは…?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kuritacooking.blog129.fc2.com/tb.php/274-1bec15f1

プロフィール

栗田クッキングサロン

Author:栗田クッキングサロン
http://www.kuritacooking.com
美味しく、簡単に作れるお料理を沢山の方に作って喜んでいただくべく毎月頭を悩ませるレシピ作り…料理教室のメニューは日々の我が家の食卓から。
メニューができる過程やお気に入りのお店などご紹介していきたいと思っています。

最新記事

最新コメント

著書

1週間使い切りレシピ

お家が料理教室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。