栗田クッキングサロン 住みたい街  3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住みたい街  3

小樽には私の大好きなチーズケーキ専門のお店『ル・タオ』があります。
ル・タオ
前から一度行ってみたく思っていましたが、思わぬところで願いが叶いました。
1階にはおなじみの“ドゥーブルフロマージュ”や色んな種類のケーキ、焼き菓子が並び2階はカフェ。
グルッと一回りしてお土産用のケーキを宅配で頼んだあと、店を出てすぐ行くと、また『ル・タオ』
ここは小さなお店でしたが、タルト専門店でした。
ここでもまた『この店限定』と書かれたのを宅配で注文し、ここでしか食べられないというフロマージュブランショートケーキセットを食べ、店を出ると、また『ル・タオ』ル・タオ ショコラ館

今度はショコラ館…これは入らなきゃ!

ふらふらとお店に入ると色んな種類のショコラ、しかも試食も色々させて頂き(カットしないそのままのを食べさせて下さるのです)なんとか2種類に絞り込んで購入。 これは保冷剤をたっぷり入れて持ち帰ることにしました。

てな訳で、わずか100mほどの間で『ル・タオ』にどれだけ貢いだ?って感じです(笑)

小樽は『ル・タオ』の他、有名なお菓子処が軒並み。
六花亭
あとはガラス細工のお店も多いです。クリスタル館

せっかく小樽に来たんだから、と 夕食はお鮨屋さんに行くことに。
が、お昼のスープカレーに試食の数々…全くお腹が減っていませ~ん。。。

お鮨屋さんが軒を連ねる中、タクシーの運転手さんがサラリとお勧めしてくれたお店によってみました。
ここにはなんと、鮭児(けいじ)がありました。まぼろしの鮭、と言われている鮭児…。 思わぬ出会い、超ラッキー♪

お腹が空いていなかったので 北の海の幸を集めたものを注文しました。うに、いくら、ぼたん海老にかに、それに鮭児。
北の幸 もっと鮭児をメインに撮れば良かったのに…後列の真ん中の子です。

身はトロッと柔らかく、脂がのってと~っても美味しかったです。普通のサーモンとは違う…
お腹が空いていない、と言いながら ついでに にしんのお鮨も追加。
にしん これまた、美味しいんです。にしんのイメージを覆されました。

一人だったので鮨職人さんとお話しし、いろいろ教えて頂きました。
なんでも鮭児(けいじ)はもともと白鮭の子供だそうです。 普通は4年で川に戻ってくる所、何万匹に1匹くらいの割合で3年物が混ざっているそう。 これが鮭児(けいじ)だそうです。
鮭児(けいじ)は11月頃に捕れ、5月頃に撮れるのを時知不(ときしらず)というそうです。
鮭児(けいじ)は築地あたりでは1本10万円、小樽でも7万円くらいで取引されるそう。 本当に幻の高級魚。なので、小樽と言えど、置いているお店はほとんどないそうです。

それにしても わずか1年でこんなに価値のかわる魚もそういないでしょう。。。4年物の白鮭になると見向きもされず、缶詰や鮭とばになるんですから。 

小樽の街は夜が早く、お店も21時には閉店とか。
19時には特急がなくなり、 各駅停車で札幌に戻ることになりました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kuritacooking.blog129.fc2.com/tb.php/253-80c897f2

プロフィール

栗田クッキングサロン

Author:栗田クッキングサロン
http://www.kuritacooking.com
美味しく、簡単に作れるお料理を沢山の方に作って喜んでいただくべく毎月頭を悩ませるレシピ作り…料理教室のメニューは日々の我が家の食卓から。
メニューができる過程やお気に入りのお店などご紹介していきたいと思っています。

最新記事

最新コメント

著書

1週間使い切りレシピ

お家が料理教室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。